2018年12月マドリード(+少しだけ香港ディズニーランド)6日間の旅⑬ 旅の思い出のまとめ

トランジットの香港での香港ディズニーランド訪問を含むマドリード6日間の旅は、大満足なものに終わりました。いろいろな幸運に恵まれて、本当にありがたい旅でした。思い出に残ったことを忘れないうちに思いつくままにあげてみますね。

今回の旅で買ったもの

今回は何も買わないつもりで小さいスーツケースで行きました。本当に何も買っていません。買ったものはプラド美術館とソフィア芸術センターの絵はがきとブックマーク(しおり)、トレドの本、お菓子と缶詰くらいですね。真ん中辺りに並んでいる丸いマークの小さな長方形の小箱はホテルのミニバーにあった無料の紅茶とその隣は無料のチョコレートです。おばさんなんで、こういうものを置いて帰れないんですよね。

買ったものはお菓子・缶詰・トレド本・絵はがきのみ+turron 二個

香港ディズニーランドについて

かわいいものは見ただけ。今回香港で買ったものは、東涌駅で買ったコッペパンOnlyです。

短い時間でも大満足

香港での11時間という乗り継ぎ時間を利用して香港ディズニーランドを訪問しました。偶然、親しい友人ご夫妻が滞在されていましたから、ご一緒させてもらったこともあり、とても楽しくリラックスして過ごすことができました。私のディズニーランド滞在時間は、4時間強くらいでしたが、香港ディズニーランドはホリデーシーズンでも東京のように激しい混雑がないので、いろいろ乗れたし観られたし食べられたしで、パーフェクトだったと思います。短時間でも、乗りたいもの・観たいもの・食べたい物などを絞っていけば、誰でも十分満足出来る体験が出来ることと思います。現在工事中のお城が完成する頃に、また来られればいいななんて思っています。

冬の香港の寒さを侮ってはダメよ

亜熱帯地方である香港の冬は日本のように冷え込まないと思っていましたが、今回12月半ばのディズニーランドの気候は、どんよりした曇りの天気で風も強く思った以上に寒かったです。私は寒い日本から出発して、寒いマドリードに行く旅の途中でしたので、長袖ロンTにウールのセーター、その上にダウンジャケットを着ていました。暑くなったら、脱いでいってロンT一枚になればいいなんて思ったのが大間違いで、ダウンジャケットもずっと着たままでした。夜のパレードを見るためにじっと座っているのであれば、マフラー・手袋も欲しいくらいでした。あくまでも、おばちゃんの体感ですけどね。

その日その時間、人によってもかなり違いもありましょうが、冬の香港ディズニーランドの寒さを甘く見てはダメですよ。日本の真冬に匹敵するくらいの寒い日もあるかもよ。

マドリードについて

プラド美術館に行く途中の並木道。圧倒的な冬のヨーロッパ感にくらくらきました。

治安

マドリードは治安が悪いと言われていた時代がありまして、私はずっとそれを引きずって到着まではずっとドキドキしていました。でも現在のマドリードは全然そんな様子はなく、現地のガイドさんやホテルの人に聞いても、夜でも出歩いて大丈夫、凶悪な事件はまずない、とにかくスリ・置き引き・引ったくりにだけは気を付けてとのことでした。もちろんどんな安全と思える場所でも油断は禁物ですけどね。

カタロニア・プラザ・マヨールホテルについて

とにかく素晴らしかったです。目ぼしい観光スポットへはどこへでも歩いて行ける、駅近、スーパー・レストラン・雑貨屋・カフェ・バルなど周囲にたくさんと立地は最高、ホテル従業員さんは明るくフレンドリーで優しい、シンプルで清潔なお部屋と備え付けの湯沸しポット・冷蔵庫・室内金庫などの設備、無料のティータイム、豪華な朝食などなど。1泊18,000円程度と一人旅には少々高めではありますが、私はもし次回があるのなら、絶対にここを選びます。

ティータイム(無料)と豪華な朝食(有料)が素晴らし過ぎました。このせいで外で食事する機会を失ったんだよね。

プラド美術館でラス・メニーナスを見たことが一番の思い出

プラド美術館で朝いちばんの誰もいないベラスケスの部屋の入口から光をはなつようなラス・メニーナスの全体像を鑑賞出来たことが、この旅いちばんの思い出です。部屋のつきあたりにあるラス・メニーナスは、遠くから眺めますととても絵画とは思えない、そこにもうひとつ部屋があるような奥行きを感じ、王家の人々がまさにそこにいると思えるような不思議な体験でした。マルガリータ王女の気品ある愛らしい姿は、一生忘れないことと思います。

マルガリータ王女にまたぜひお目にかかりたいです。

トレド観光

ほとんど思い入れも予備知識もなく現地ツアーに入って訪れたトレドの街でしたが、古い街並みをそのまま残した美しいところでした。豪華絢爛な大聖堂には圧倒され、サント・トメ教会のエル・グレコによる絵画「オルガス伯の埋葬」には心を打たれました。また、夕暮れのひと気が少なくなった通りで聞いた不思議な楽器を演奏する女性の音楽の美しさが印象的でした。

トレドは風情のある美しい街でした。

マドリードの可愛い風景

マドリードの街を歩いていると、素敵な建物がたくさんで心を惹かれることはもちろんですが、その他にもかわいい光景をたくさん見ました。

かわいい歩行者信号機

歩行者信号機のマークがとても可愛らしいです。男女ペアや親子ペアはもちろん、LGBTに配慮して男性同士・女性同士のカップルの信号もあります。

左・男性カップル 右上・女性カップル 右下・分かりにくいけど男女カップルです。この他に親子バージョンもありました。

かわいいワンコちゃんたち

マドリードの街中では、お散歩中のワンコちゃんと何回も遭遇しました。シーズーちゃんやヨークシャーテリアちゃんのような小型犬が多かったように思います。ヨーロッパのワンコちゃん達は躾が行き届いているので、みんなお利口なイメージですが、一度だけワンワン吠えて大騒ぎしているビーグルちゃんを見ました。私も10数年前ビーグルを飼っていたことがありますが、本当に声が大きくよく吠える子だったことを思い出しました。でもお馬鹿な子ほどかわいいんだよね。

マドリードは、可愛いワンコちゃんがいっぱい。ワンワン大騒ぎしていたコートを着たビーグルちゃん以外はみんなお利口さんでした。

かわいい道路のマーク

ソル広場にあったマドリード市章のイラストが、道路にもありました。イチゴノキ(ヤマモモ)に寄りかかるくまちゃん、かわいい。

キャセイパシフィック航空について

2018年7月の旅行で香港の入国自動ゲートを通るためのe道を取得するために、キャセイパシフィック航空の有料マイレージ会員になりました。そのため、今回の旅行でもキャセイパシフィック航空利用で、成田からならマドリードまでの直行便で14時間で行けるところを、香港まで4時間強+乗り継ぎ時間11時間+マドリードまで14時間強というまるで修行・苦行としか思えないような30時間近くの時間をかけて、マドリードに行きました。結果、時間はかかりましたが、8万円台という安いチケットにもかかわらず、往路便では隣の座席が空席だったり、帰路便では二回ともフライトをアップグレードをしていただいたりと幸運の連続で、良い思い出しかありません。マルコポーロ会員は、チケット予約時には無料で72時間の購入猶予(チケット取り置き)サービスがありますし、優先チェックイン・優先搭乗などもとても助かるサービスですので、また、次回もキャセイパシフィック航空でどこかに行けたらいいなと思っています。

優先搭乗のサービスはとてもよかったです。

とにかく素晴らしいマドリード滞在でした

突然行こうと決心し、予習も心の準備もないままやってきたマドリードでしたが、マドリードの人々はみんな明るく優しく誠実で、困った事態になることなど一度もありませんでした。英語が通じない場面もありましたが、元々私は英語さえもほぼ出来ないのでお互い様ですし、スペイン語はさらに全く分からなかったけど、最後にはなんとなく分かり合えたりして、人間同士ですからね、何とかなるし、そんなやり取りも楽しい思い出です。

マドリードは浮ついた感じのない落ち着いた美しい街でした。今回は美術館とトレドと歩ける範囲の周辺散策しかしていませんし、食事内容があまりにも貧相だし、自力で鉄道に挑戦もしていないし、これといった冒険もない旅だったけれど、私の中ではとても充実した素晴らしい旅行でした。今まで行った約50回くらいの海外旅行の中で、いちばんだった!と思えるほどです。

まぁ、いちばんだったとは、その旅が終わると必ず思うことなんですけどね。

また、いつの日かマドリードを訪れたいと強く思っています。バルセロナも行ってみたいとずっと思っていますが、今は、バルセロナよりももう一度マドリードへ、、、、と思っています。

次回やりたいこと自分メモ

  • プラド美術館でラス・メニーナス再び
  • フラメンコショーが見たい
  • 電車に乗って出かけたい
  • 闘牛場を見学したい(建物を見るだけ。闘牛自体は怖いからパス)
  • 今回断念した王宮入場観光
  • 普通に外で食事をする
  • 市内を循環する赤い二階建て観光バスに乗ってみたい

こんなところかしら。

今回の旅に際し、急な旅を許してくれた家族とディズニーランドを一緒に過ごしてくれた友人ご夫妻、親切にしてくれたマドリードの人々とお世話になったツアーガイド様に心から感謝いたします。

長い長い独りよがりな旅のお話を最後まで読んでくださった方へ

読んでくださってありがとうございました。あなたのこれからの旅と人生が素敵なものでありますように。

みむろ  2018年マドリード6日間の旅(了)

この旅行記の目次はこちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加