2018年12月マドリード(+少しだけ香港ディズニーランド)6日間の旅⑥ カタロニア・プラザ・マヨール・ホテル(Catalonia Plaza Mayor)について

立地

ホテル外観。外観は古く見えますが中はキレイで近代的です。

カタロニア(カタルーニャ)・プラザ・マヨール・ホテル(Catalonia Plaza Mayor)

住所 Calle Atocha 36

アトーチャ駅からアトーチャ通りをまっすぐ西に1キロくらいのところにあります。アトーチャ駅からホテルまでは歩ける距離ですが上り坂になっているので、スーツケースを転がして歩くのはきついかもしれません。体の大きな欧米人旅行者たちは楽勝で大きなスーツケースを引きずって歩いていたけどね。地下鉄のAston Martin駅からは徒歩5分以内、200~300Mくらいかな。地下鉄からホテルまでは若干の坂道です。

ホテル周りには、徒歩5分圏内にスーパーマーケット数軒、安価で朝食が取れるベーカリーカフェ数軒、バル、レストランはたくさん、すぐ向かい側にバーガーキング、向かい側斜め西側に安くて可愛い雑貨屋さん数軒など、ちょっとした買い物、食事に困ることはありません。ホテル前は一方通行でそれほど大きな道路ではないので、車がガンガンぶっ飛ばすようなこともなく道を渡るのも怖くなくてよいです

アトーチャ駅、ソフィア王妃芸術センター、プラド美術館は徒歩10から15分程度、王宮・大聖堂は徒歩15分程度、マヨール広場・サンミゲル市場・ソル広場などは徒歩10分程度と、どこに行くにも徒歩で大丈夫です。地下鉄駅が近いから、もちろん地下鉄利用も便利です。

ホテル周り&マドリード繁華街周辺の治安

到着までは散々治安について不安を感じていましたが、普通に気を付けていれば危ないということはほぼなさそう。ホテルのスタッフさんや翌日の現地ツアーガイドさんにも確認しましたが、凶悪な犯罪はほぼないと言ってよい、スリ・置き引きにだけは最大限注意してねということでした。夜も何度か出歩きましたが、よほど小さな通りに入らない限り、どこでもぞろぞろとたくさんの人が歩いているとても賑やかな街で、怖いな危険だなと思うようなことは一度もありませんでした。

ただし念のためパスポートや大きなお金など貴重品は、持ち歩かない方が無難でしょうね。

チェックイン

朝の9:00前くらいにホテルに到着しました。いくらなんでもチェックインには早すぎるだろうなと思いましたが、な~んとご親切にも追加料金もなしにお部屋を用意していただきました。ゆっくりした英語で丁寧にいろいろ説明していただけました。本当に親切なスタッフさんには感謝します。ありがとう。

ホテルはよくあるホテル予約サイトを通じて予約しました。前々日までキャンセル無料の条件で税込一泊18000円くらい。朝食付きにすると20ユーロ(約2660円)追加となるので無しで予約しましたが、チェックイン時の説明では今はディスカウント価格で16ユーロ(約2100円)になっているそうです。ちょっとお得価格になっているから、予約時に朝食付きにしなくてよかったわ。

部屋詳細

建物は六階建てで、私の部屋は最上階の六階でした。部屋に入って、明るいのだけど何か今まで感じたことない違和感を覚えました。

ああ、この部屋には窓がないんだ。でも、照明も点けていないのになぜ明るい?なんと、天井に大きなふたつの天窓がありました。天井は少し斜めになっていて、狭くはないけど屋根裏部屋風で風情があって素敵。ただ、天窓だけだと雨の具合はどう?とか外の天候を確認しにくいのだけは残念かな。

窓無しだけど、天窓のある素敵なお部屋。窓の開閉・ブラインドを閉めることも出来ます。

コンセントはベッド周りを含め、あちこちにたくさんありましたから便利でしたが、差込口の形がCプラグタイプのものしかないので、アダプターが必要です。私は、ダイソーで買ったものを持参しましたが十分問題なく使えました。

ダイソーで買ったCプラグが大活躍

1人なのに大きなサイズのダブルベッドがありました。枕も4個くらいあったかな。なんかすみませんねって感じ。他にはテレビと机とイスのみという感じでシンプルで清潔なお部屋でした。

大きなサイズのベッドでのびのび。ベッド周りにもコンセントがあり便利。

テレビ、机、椅子はとてもシンプルな作り。

このホテルにした決め手は立地にもありましたが、ホテル予約サイトの口コミでの写真からどうやら湯沸かしポットがありそうだったことが大きいです。マドリードのホテルは、チェーン経営ではない小さめでシンプルなホテルが多く、湯沸かしポットが置いてあるホテルが少ないようでしたので、これはかなりのアドバンテージ。ホテルの部屋に入って荷物も置かずにまず確認したのは、湯沸かしポットがあるかどうか、、、、ありました。よかったわ。これでスープやお茶、コーヒーなどのためにお湯が沸かせて本当に助かりました。

冷蔵庫もありましたし、ボトルの水、インスタントコーヒー(デカフェまで!)、お茶各種(紅茶・ルイボスティ・カモミールティなど)、チョコレート(リンドール二粒)なども無料で、なかなかサービスも良くて感激!

湯沸かしポットがあってとても便利。ボトルの水・コーヒー・紅茶・チョコレートが無料。

バスアメニティはおしゃれだけど、なんとなく使いにくそうな感じで持参したものを使いました。風量十分なドライヤーあり。歯ブラシはなし。

バスタブはなし。しかし、シャワールームがかなりの広さで、頭上から落ちてくるレインシャワーとハンドシャワーがあり、湯量も十分で使いやすかったです。私は、旅先でバスタブにお湯を張るのが面倒臭いし時間がもったいないと思ってしまうので、シャワーがあれば十分ですが、バスタブが必須の人は要確認ですね。

アメニティはイマイチ。持参をお薦め。

クローゼット内に室内金庫完備。たまに余裕で持ち上げることが出来るような置いてあるだけの金庫を見かけますが、ここのはちゃんと埋め込み式で安心。

そしてもちろん無料Wifiも完備。チェックインのときにパスワードが貰えます。とても接続状況はよく、動画もスイスイでした。

シンプルで清潔でおしゃれなお部屋で大満足でした。マドリードで他のホテルに泊まったことはありませんが、もしまたマドリードに来ることがあれば、必ずここに泊まりたいですし、誰かにも強烈にお勧めしたいです。

ロビーとレストラン

ロビーには居心地のよいゆったりとしたソファが置かれていて寛げます。ロビー横には自由に使用できるPCとプリンタが置かれています。試しに使ってみましたら、日本語入力は出来ませんでしたが、日本語のページは日本語フォントで問題なく表示されました。

ロビーのソファー。居心地良い感じ。早朝撮影のためにライティングがムーディですね。昼間は明るい爽やかな感じです。

ロビー横の自由に使えるパソコンとプリンタ。左側のボードには一週間分の天気予報が掲示されています。

ロビーのクリスマスツリー。落ち着いた色合いで素敵。

ロビーエリアのクリスマス飾り。午後にはここに飲料水のタンクが設置されます。

朝食レストランは地階に、夕方振る舞われるティータイムはロビー階奥のバーで開催されます。朝食とティータイム詳細については、後述します。

次ページでは、いよいよマドリード街歩きを始めるよ。まずはソフィア芸術センターとプラド美術館から。この旅行記の目次はこちらです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加